自作ゲーミングPCのクーラーは水冷、空冷どっちがいい?

冷却効果を安定させるなら水冷式がおすすめ!

CPUクーラーには空冷と水冷といった2種類の冷却方式が採用されています。どちらにもメリット、デメリットがあります。空冷は価格が安い反面、夏場になると冷却効果が弱くなります。水冷は価格は少し高いですが冷却水を循環させてCPUを冷却するので夏場でも安定した冷却効果を望むことができます。

 

そのため冷却性能にこだわりたいのであれば水冷式を選ぶようにしましょう。メンテナンスフリーモデルも多数販売されており一度設置してしまえば従来の水冷式より簡単なメンテナンスでOKとなります。

 

水冷式の方が静音性が高い

水冷式のメリットは冷却効果だけでなく静音性にも影響を与えてきます。空冷式はファンを回転させて風を発生させてCPUを冷やしていきます。そのためファンが高速回転しているとファンの音がうるさく感じるケースがあります。しかし水冷式は音が静かです。例えばゲーマーのライターさんなどは執筆業をする時は静かな空間の方が作業が捗ると思います。そういったケースでも水冷式は空冷にないメリットがあると言えます。

 

水冷式CPUクーラーの注意点

設置時、メンテナンス時に間違えて冷却水を漏らしてしまうと精密電子パーツに水がかかってしまい故障の原因となります。なので水冷クーラーに触る時は最新の注意を払う必要がでてきます。あとは頻繁にメンテナンスを行う人も間違えて手元が水冷クーラーに当たって冷却水が漏れてパソコントラブルに発展するなど多いです。頻繁にメンテナンスをする人で注意力が散漫な場合は無難に空冷を選んでおいた方が良いと言えます。

CPUクーラーはトップフロー型、サイドフロー型どっちがいい?

CPUクーラーにはトップフロー、サイドフロー型とあります。これは空冷式の話ですが上部からヒートシンクに空気を当てるのか、横からヒートシンクに空気を送り込むのかの違いです。トップフロー型の利点はチップセット、メモリに対しても空気を送り冷やすことができます。サイドフロー型は空気の流れに逆らわないので冷却効果が高くマザーボードとの干渉が起きにくい設置方式になります。

 

しかし、どちらも利点があれば欠点があります。

 

トップフロー型の欠点はヒートシンクが大きいと周りのパーツと干渉しやすい特徴があります。特に発熱が高くなる高性能なビデオカードを搭載させる場合はエアフロー(空気の流れ)を意識して内部構成を組み立てる必要があります。サイドフロー型の欠点は横幅が狭いケースだと他パーツと干渉しやすくなります。そしてサイドフローの大型クーラーは大きく重いので取り付け時が面倒です。

 

水冷式クーラーの利点と欠点

最初に述べたように空冷式よりも冷却性能が高いこと。そしてヘッド部分となる水枕が小さいためその他パーツとの干渉がしにくいのが水冷の利点でもあります。逆に欠点はラジエーターを搭載させるのでケース選びが重要となってきます。

 

水冷、空冷とどちらも利点、欠点があります。予算の都合や夏場の部屋温度を考えて利用するクーラー選びをするようにしましょう。夏場はエアコンで部屋を快適な温度にする方は高額な水冷を選ばなくても空冷式で十分な冷却効果を望めます。