高パフォーマンスで安いグラボならGeForce GTX960

ミドルレンジながら多くのゲーマーを虜にしているGTX960

NVIDIA GeForce GTX960といえば各BTOメーカーの売れ筋モデルでも必ず搭載されている人気グラフィックボードです。なぜ人気なのかを突き詰めていくと「そこそこの性能で安い」これがゲーマーを虜にしている最大の理由となります。

 

Amazonなどでグラボ単体価格を見ると2万円〜3万円程度で購入することができます。最新のグラフィックボードで高性能になると10万円前後は価格がします。そう考えるとかなり安いですよね。確かにハイエンドグラボに比べると性能は見劣りしますがそれでも快適なゲームを演出してくれるグラフィックボードです。もし安価にゲームができるパソコンを組みたいのであれば第一候補に入れて良いグラボだと思います。それくらいコスパに優れています。また失敗してもあまり痛くありません(笑)

 

GeForce GTX960の特徴

ゲーマーに人気となるのは性能、コスパだけかと思いきや実は機能的な面でもGTX960は優れています。

 

静音性、冷却性が高いモデルが多い

GTX960では準ファンレスとも呼ばれるファン自動停止機能をつけたモデルが多数あります。これはグラボに負荷がかかった時だけファンが回転する仕組みになっています。低負荷、負荷がない状態であればグラボのファンは回転していないので静音性が高くなります。

 

またGTX960では複数のメーカーが外側を作って販売していますがここに大型ファンを搭載していたり2基、3基のファンを搭載して冷却性能を高めているモデルが複数あります。こういった面から見てもGTX960は静音性、冷却性能が高いグラボと言われています。

 

消費電力が低い

ゲーマーにとって馬鹿にならないのが電気代です。特にグラボは最も電力を消費するパーツです。200W〜300Wもグラボだけで消費されたりするので長時間ゲームをプレイするとなると電気代が気になってきます。しかしGTX960のメーカー公式発表では消費電力、約120Wといった発表になっています。非常に低い。ですから長時間のプレイであっても電気代が気になりません。また低負荷時はファンも動作しないので電気代は旧世代のグラボとは比べ物にならないほどです。

 

またGTX960は一応、4Kモニターにも対応されています。ゲームを最高設定の4K画質では無理がありますが低画質設定であれば4K解像度でもいけるゲームもあります。価格以上に使い勝手の良いグラフィックボードなのでここまでゲーマーに人気となっています。