GTX900シリーズ最強のコスパ!GeForce GTX970

快適性、安心性が高い万能なGTX970

GTX970は高い性能、そして決して高くない価格がコスパ最強と言われる由縁になりました。例えばGTX970以上のグラフィックカードになるとゆうに5万円以上はします。しかしGTX970は3万円〜4万円が相場になっておりコスパに優れています。しかも性能も負荷の高い最新ゲームであっても快適プレイできるのが魅力です。BTOでもGTX970搭載PCは約15万円以下で手に入れることができます。それ以上になると20万円前後が相場になってしまいます。

 

このリーズナブルなのに高性能といった面がGTX970最大の魅力といって良いでしょう。

 

ですがそんな優秀なGTX970もある問題があります。それはビデオメモリが記載上は4GBと書かれていますが実質は3.5GBまでしか使えないとされています。これは一時問題にもなっていました。残りの0.5GBに関しては3.5GB分のメモリと一緒に利用できない仕様になっているようです。

 

確かにグラフィック設定を高くするとビデオメモリへの負担が増えてきます。しかしわずかな差でもあるので大きく気にすることは少ないとNVIDIAからも説明がありました。最新ゲームであってもグラフィック設定を調整することでビデオメモリーに4GB以上の要求をしてくるようなゲームはありません。私もGTX970を使っていますが特に不満に思ったことは一度もないので気にする問題ではないと思っています。

 

GTX970、GTX980の比較

GTX980はGTX970よりワンランク上のグラフィックボードです。性能も高いです。GTX980を差し置いてもGTX970に人気が集まる理由を解説していきます。

 

最大の理由はやはり価格にあります。
GTX970とGTX980の価格差は約2万円になります。

 

性能面で見るとGTX980もビデオメモリは4GBになります。しかしGTX970のように3.5GB問題はGTX980にありません。そして消費電力はGTX970が約145W、GTX980が約165Wになります。性能といった面ではGTX980に軍配が上がるのですがこの価格差である2万円以上の価値があるかと言われると首をかしげる人が多いです。

 

そしてグラフィックボードは年々、進化したモデルが登場しています。新しいものほど性能やコスパが上がってきています。大きな差がないならコスパの良いGTX970を買って次世代グラボの様子を見ながら新しいのに交換していくといった人が多いです。

 

単純に価格差に見合った性能を比較した時にGTX980ではクエッションマークが出てしまうのでGTX970の方が人気が高いといった感じになっています。