2016年からの最強性能、コスパに優れたグラボ / GTX1070

これからゲーミングPCを組む方に薦めたいグラボGTX1070

もしこれからゲーム用途に使うゲーミングPCを組み立てるのであれば勧めたいグラフィックボードがGTX1070です。今までのコスパに優れたグラフィックボードといえばGTX970でした。コスパ最強と言われた理由は3万円〜5万円以内といった手が出しやすい価格帯だったこと。そして性能面でもほとんどのゲームを高画質、高フレームレートでプレイができたからです。

 

しかし、2016年6月10日にGTX970の後継モデルとなるGTX1070が発売されました。現在の価格は5万〜6万円台ですが性能面で大きくGTX970を突き放す形となりました。

 

まず動作クロックが大幅に増加して早さを増しました。そしてビデオメモリは倍の8GBへ!現状でVRAM 8GBを要求してくるようなゲームはありません。なのでこれから発売される負荷の高いゲームでも余裕でしょう。その上で消費電力もGTX970と変わりません。最大で150Wになります。GTX970は最大消費電力145Wでした。

 

グラフィックボードは性能が良いほど美しい映像、高いフレームレートを記録してくれます。なので1万円〜2万円をケチると1年後、2年後にグラフィックボードの交換を余儀なくされます。なので今から自作する方はGTX1070を選んでおいた方が後々にハッピーになれます。当面はゲームタイトルでGTX1070を推奨してくるようなゲームは出てこないでしょう。

 

またGTX1000シリーズは最新アーキテクチャであるPascalを採用しています。これは高解像度、VRゲームなどに最適化したグラフィックボードでもあります。今後はグラフィックにこだわる方なら2K、4K解像度でゲームを楽しみたい方も多いはず。そんな高解像度に対応されています。

 

次にPSVRの発売も決まり、予約分も完売したほど注目を浴びているVRゲーム。

 

GTX1070なら最適化されているのでVRでもあっても高画質、高フレームレートを出すことができます。SteamでもVRゲームのジャンルが増えてきています。いち早く新しいゲーム体験をしたい方にもGTX1000シリーズはおすすめです。